眼精疲労や眼病に効果があるとされ、昔から民間薬として親しまれているメグスリノキエキスについて、効果や1日に摂取したい量、多く含まれている食品、しっかりと摂取できるサプリについてなど、まとめてご紹介していますので、是非参考にしてください。

メグスリノキエキスの効果

  •    結膜炎やものもらいなどの眼病を予防する効果
  •    かすみ目など、眼精疲労を改善する効果
  •    肝臓の機能を高める効果
  •    動脈硬化を予防する効果

メグスリノキエキスの魅力

メグスリノキエキスは、その名の通りメグスリノキの樹皮や葉っぱから抽出されたエキスのことで、眼病予防や肝臓の働きを高める効果があるとされ、昔から民間薬「飲む目薬」として親しまれている成分。
ちなみにメグスリノキは、日本にしか自生していません。
かすみ目や疲れ目、二日酔いにも効果があるとされていて、一見関わりが薄そうな目と肝臓ですが、東洋医学では「肝臓の機能が回復することで、目の機能も回復する」と言われており、目と肝臓は密接な関係にあることが分かります。
眼精疲労以外にも、メグスリノキエキスには、抗菌作用や収斂作用(傷を修復させる働き)があり、古くから民間の洗眼薬としても親しまれていて、結膜炎やものもらい、花粉症を含むアレルギー性の結膜炎にも効果的だと言われています。

メグスリノキエキスが多く含まれる食品

  •    メグスリノキ

1日に摂取したい量

1日に摂取したい量 特に目安となる摂取量は定められていません。

メグスリノキエキスがおすすめの人

  •    かすみ目などの眼精疲労に悩む人
  •    目を長時間使うことが多い人
  •    結膜炎やものもらいなどの眼病を予防したい人
  •    アレルギー性結膜炎(花粉症)を予防したい人
  •    肝臓の機能を高めたい人
  •    動脈硬化を予防したい人