眼精疲労に有効な成分として注目を集める「アスタキサンチン」について、効果や1日に摂取したい量、また多く含まれている食品、アスタキサンチンが摂取できるサプリについてなど、まとめてご紹介していますので、是非参考にしてください。

アスタキサンチンの効果

  •    眼精疲労の予防、改善
  •    抗酸化作用
  •    目の老化防止
  •    加齢性黄斑変性症の予防
  •    白内障の予防

アスタキサンチンの魅力

アスタキサンチンは、鮭、エビやカニなど(主に加熱すると赤くなる生物)に多く含まれる成分で、目の奥の栄養が届きにくい部分までしっかりと栄養を届ける働きがあることから、眼精疲労に有効な成分として今注目を集めています。
ちなみに、眼精疲労の症状がある人が、アスタキサンチン(6mg)を4週間摂取したところ、目の調節機能などに改善がみられたことから、アスタキサンチンは眼精疲労に効果があることが分かりました。
眼精疲労以外にも、アスタキサンチンは眼の疾患、ぶどう膜炎、加齢黄斑変性症、緑内障の予防などに効果があるとされています。
また、アスタキサンチンの強力な抗酸化作用により、美白や美肌、視力の回復や、筋肉疲労を軽減する作用など、様々な効果が確認されています。

アスタキサンチンが多く含まれる食品

  •    鮭
  •    いくら
  •    えび
  •    かに

1日に摂取したい量

1日に摂取したい量 6mg

アスタキサンチンがおすすめの人

  •    眼精疲労に悩む人
  •    パソコンやスマートフォンなどを良く使う人
  •    身体が疲れがちな人