眼精疲労に有効な成分「アントシアニン」について、効果や1日に摂取したい量、多く含まれている食品、アントシアニンが摂取できるサプリについてなど、まとめてご紹介していますので、是非参考にしてください。

アントシアニンの効果

  •    眼精疲労の予防
  •    眼病の予防
  •    視覚機能の改善
  •    メタボリックシンドロームの予防
  •    花粉症予防

アントシアニンの魅力

眼精疲労に有効な成分と聞いて真っ先に思い浮かぶほど、有名な「アントシアニン」。
今や眼精疲労のサプリに欠かせない成分のひとつです。
アントシアニンは、ブルーベリーや紫いも、なすなどに含まれているポリフェノールの1種で、第二次世界大戦中、イギリス軍のパイロットが、アントシアニンが多く含まれるブルーベリージャムを食べたところ、暗いところでの視力が改善され、物がはっきり見えたのだそう。
その効果通り、眼精疲労にはもちろん、白内障、緑内障などの眼病予防効果や、視覚機能を改善する効果があるとされています。
眼ではありませんが、メタボリックシンドロームや花粉症を予防する効果もあるとされています。

アントシアニンが多く含まれる食品

  •    ブルーベリー(ビルベリー含)
  •    紫いも
  •    なす
  •    黒豆
  •    紫キャベツ
  •    カシス
  •    アサイーベリー
  •    マキベリー

1日に摂取したい量

1日に摂取したい量 アントシアニンの量/約40~90mg(ビルベリーエキスに換算すると120 ~ 250mg程度)

アントシアニンを積極的に摂取したい人

  •    眼精疲労が気になる人
  •    視力の低下を予防したい人
  •    パソコンやスマートフォンを良く使う人
  •    白内障などの眼病を予防したい人
  •    メタボリックシンドロームなど、成人病を予防したい人
  •    花粉症を予防したい人